読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

syuusyoku32’s diary

32歳職歴なしのニートから社員を目指すブログ

適性検査の結果。自分を知ろう後編

syuusyoku32.hatenablog.jp

前編の続きです。
前編を見なくても大体把握できるように書きます。

7つの適性能力から最も高く出た適性機能から分析をする

7つの適性機能にはそれぞれ認知機能、知覚機能、運動機能の3分類に分けることができます。

認知機能分類

知的能力
言語能力
数理能力
書記的能力

知覚機能分類

空間判断力
形態知覚

運動機能分類

運動共応



以下は私の適性能です。

  • 1最も高く出た適性能は?

書記的知覚・・・文字、記号などデジタルデータの比較弁別、一般的な注意力

  • 2その適性能力はどの分類にあてはまるか?

認知機能

  • 3適性能を解説

書記の能力・・・印刷物の校正、帳票の記載やチェック、表の作成作業などを行う

どうやら適性能から自己PR的なものが書けるとのこと。

例)私は文字や記号などのデジタルデータの比較や識別する能力が優れています。一般的な注意力が高いため慎重的なところがあります。


うん、意味がわからない。

  • 4同じ要領で2番目、3番目に高く出た適性能も書く

2番目・・・数理能力(各種計算、集計作業、数量管理・分析、金銭管理などを行う)
3番目・・・言語能力(文章を読み書きする、言葉で伝達したり、説明を理解する)

と思ったら最も高く出た適性能と同じ程度の得点(5点以内)であれば記入とのこと。
書記能力が抜けて高いため書かなくてもいいみたい。


以上の結果で私にオススメの職業がわかるとのことです。
あのー、事務的な仕事や研究職、工場内作業以外は条件にあってるそうなので基本なんでもできるとのことです。
一体なんの試験なんだろうか・・・


参考程度ということですね。
以上、適性検査の結果でした。